トップ

フリースタイル分娩

フリースタイル分娩とは

ママの満足度が高い出産

陣痛室では自由な姿勢で夫に付き添ってもらい順調に進んでいたのに、いざ産もう!と分娩台に上った途端ぱたりと陣痛が止まってしまった経験があります。

一人目の出産だったこともありますが、居心地の悪い分娩台で、ちょっと気持ちがナーバスになってしまったのが原因のようでした。あの分娩台に違和感を感じているママは少なくないかと思います。

一般的な産婦人科での出産では、分娩台で出産をします。分娩台の上で足を固定された状態で、リラックスできずに出産に集中できないと感じたママも少なくないかと思います。

また、医師や助産師が診察しやすい、赤ちゃんを取り上げやすい体勢での出産になるため、出産をするママからすると辛い体勢でもあります。

分娩台の上での出産は仰向けの姿勢のまま、足を高く台に載せた状態で進めていきます。陣痛がまだ進んでいないうちは、多少自由は利きますが、陣痛間隔が狭くなると、足を台に載せて仰向けのままいきむことになります。

大きなお腹で仰向けの姿勢で長時間横になっているのは辛く感じる妊婦さんも少なくありません。

そのような辛さが不安だという人に経験してもらいたいのが、分娩台以外で出産をする方法としてフリースタイル分娩です。アクティブバースとも呼ばれているこの方法では、自分の希望の環境で好きな体勢で分娩をすることができます。

フリースタイル分娩では、ママ主体の分娩になるため、リラックスしやすく陣痛もスムーズになり、自分らしい出産をしたいと考えるママに理想的な方法です。

自分の好みの場所と環境で出産することができるのはストレスも溜まらないのでおすすめです。畳の上での出産や、水中出産など分娩スタイルの種類も色々あります。分娩室のように明々と灯りが点いた部屋が嫌だと感じるなら、薄暗い雰囲気を作ることもできます。必要以上に緊張せずに済みますので、陣痛も進みやすくなります。

分娩台の出産と違い、フリースタイル分娩は産婦さん主体の出産になるため、陣痛の痛みに合わせて体位を変えてみたり、いきみやすい姿勢を取ることができるため、医師任せの出産より満足度も高くなります。

また陣痛の進んできた中でも夫や家族に付き添ってもらうことで、一緒に出産をするという意識も高まり、家族の絆が深まるようです

Copyright © フリースタイル分娩とは. All rights reserved.