トップ / 用意しておくといいもの

フリースタイル分娩

用意しておくといいもの

準備万端で挑むフリースタイル分娩

フリースタイル分娩は、一般的な分娩スタイルとは異なるためあると便利なグッズがあります。

陣痛中は汗をよくかき、水分補給をすることが増えます。陣痛の合間に水分を摂りますが、どんな体勢でいても飲みやすいようにストローつきのドリンクがオススメです。

パウチになっているゼリー状の栄養ドリンクなど簡単に飲めるものが便利ですね。ペットボトルでもストローキャップを付ければ、横になっていてもそのまま飲むことができますよ。

陣痛が長くなれば食べることも必要になってきますが、その時も簡単に食べられるものが良いです。つまんで食べやすい小さめのお菓子や、甘い糖を含んだ食べ物だとそのままエネルギーになりますから長い分娩の合間のエネルギー補給にもなります。

分娩着はワンピースになっていますので、季節によると足元が冷えてしまします。

分娩台の場合は下は、全て脱がなくてはいけませんが、フリースタイル分娩の時は冷やさないように靴下を用意しておくといいですね。温めることで陣痛も進みやすくなります。

陣痛中にはバランスボールを使うのもオススメです。バランスボールを抱え込むようにして四つん這いになっていきみ逃しすることができます。

妊娠中に使っていたお気に入りのクッションやいつも使っている枕を用意しておくと、陣痛中に家で過ごすようにくつろぐようにリラックスできる効果も高くなります。入院中もそのまま使えますから、枕が変わると寝付けないという人はぜひ持っていってください。

アロマオイルもお気に入りのものがあれば、アロマディフューザーなどで部屋に炊いておくといい香りにリラックス効果が高くなります。クラリセージやジャスミンは子宮収縮効果もありますので、陣痛が来ている時にはオススメです。

臨月に入ってからジャスミンのお香をよく炊いていました。その影響か、予定日頃には子宮口がかなり開いていました。いつも使っている好みのアロマでもリラックスすることで子宮収縮が進みやすくなりますよ。

Copyright © フリースタイル分娩とは. All rights reserved.