トップ / フリースタイル分娩をする場所は?

フリースタイル分娩

フリースタイル分娩をする場所は?

フリースタイル分娩には助産院

フリースタイル分娩はまだ日本では一般的ではないため、取り扱っている産婦人科は多くはありません。助産院では多くの施設がフリースタイル分娩を採用していますが、病院の場合は分娩台のほうが緊急時に対応しやすいため、分娩台が主流になっているのが現状です。

また出産の時に夫や上の子どもたちに立ち会って欲しいと考えていても、産院によっては、立ち会いは1人まで、子どもはNG、夫か母親までなど制限があることが多いです。

その点、助産院では自分の希望の人に立ち会いをお願いすることができますし、上の子どもたちに見守られながら出産をすることもできます。

他には昔のように自宅出産という選択肢もあります。産気づいてから産婆さんを呼んで出産というスタイルが昔は主流でしたが、現在では自宅だと設備が一切整っていない状態での出産ということで不安もありますね。

しかし、助産院で産みたい!と計画していても、土壇場になってそれが叶わないこともあります。

助産院でフリースタイル分娩をするには、まず第一に赤ちゃんとママの安全が確保できているという前提があります。

二人に危険があると判断された場合には助産院ではなくて病院の産科を紹介されることになります。臨月まで順調に経過が進んでいても、産む直前になって緊急帝王切開になることだってあるのです。

それ以外にもママや赤ちゃんになんらかの疾患があったり高齢出産のようなハイリスク出産などですと、元々フリースタイル分娩を選べない場合があります。

理想的な出産をすることも大切ですが、ママや赤ちゃんの命には代えられません。その場合は分娩台で出産になるということもあらかじめ考えておく必要があります。

Copyright © フリースタイル分娩とは. All rights reserved.